座談会レポート

インタビュアー

最初に、みなさんのことを教えてください。どんな業務をされてますか?
いつから聴覚障がいはありますか?

中野翔太

技術員からの依頼を受けて、3Dモデルや2D図面を作成をしてます。
2歳の時に両親が聞こえない事に気づきました。先天的だと思います。

椿原悠平

主に実験室で、光ファイバケーブルの性能測定(試験)や評価をしてます。
私も中野さんと同じ感じでした。

菅野啓太

CAD設計です、金型や新しい冶具の設計をしてます。
聴覚は生まれた時からです。

インタビュアー

どういった環境の学校に通っていましたか?

3人

ろう学校出身で、筑波技術大学へ進学しました。

インタビュアー

みなさんは手話ができますね。読唇術はどうですか?

中野翔太

読唇術は、3人とも苦手なんです。手話はできます。

椿原悠平

健常者で手話ができる方がいて、いつも私、中野さん、菅野さん、
その方の4人で一緒に食事しながら手話で会話してます。

菅野啓太

聴覚障がいに理解がある人で、お昼は手話でいろんな会話ができて楽しいんです。

インタビュアー

フジクラに入社しようと決めた理由は?

中野翔太

就活説明会がきっかけですが、インターンシップを活用して
業務を体験したことで、自分に合った業務を見つけることができたからです。

椿原悠平

光ファイバに興味もあって、フジクラのインターンシップで、
事前に仕事の体験をさせていただき、そこでやりがいを感じる事ができたからです。

菅野啓太

私もインターンシップで職場体験をしました。
他にも内定した会社がありましたが、機械を勉強してきて、その内容をモノづくりに活かせると確信できたので入社しました。

インタビュアー

それぞれのコミュニケーションの手段を教えてください。
またツールは使いますか?

中野翔太

大学ノートと、ホワイトボードを活用しています。
チャットはうらやましいですね

椿原悠平

メモパッドとチャットで会話してます。
打ち合わせの時は、同僚が会話や内容をチャットで教えてくれてます。

菅野啓太

特別なものは用意していませんが、伝えるのが難しい場合は、
メモ帳に絵をかいて伝えています。

インタビュアー

仕事での達成感や、良かったと感じたことは?

中野翔太

「君が装置の設計をしてくれたおかげで立派な賞をもらったよ。
ありがとう」。C生産部門長表彰を受けた部長の言葉ですが、
この部署で働いて良かったと感じました。

椿原悠平

入社して1年、少しづつ知識がついたと実感しています。
当時は全く理解ができなかったことも、自習や測定業務を積み重ねて理解できるようになりました。

菅野啓太

私が設計したものを、検査で使ってるのを見た時はとても嬉しかったです。使ってもらえる喜びを感じました。

インタビュアー

フジクラの良いところは、どんなところですか?

中野翔太

働くための環境がとても良いと思います。
周りの同僚にも配慮があり、何かあると紙に書いて教えてくれます。

椿原悠平

チャットやパッドのツールを使うなど、
職場で配慮されていることが嬉しいです。

菅野啓太

職場の雰囲気が明るいです。障がい者への理解と配慮があります。

インタビュアー

フジクラは、障がい者の方にもおすすめですか?

3人

はい。是非入ってきて欲しい。環境がいいと思います。

インタビュアー

最後に、フジクラの先輩として、アドバイスをひと言。

中野翔太

インターンシップを積極的に活用してください。
業務を体験して、業務内容にやりがいを感じられるか判断してほしい。

椿原悠平

職場の雰囲気や、実際の業務内容が把握できるので、
ぜひインターンシップを活用してみることをおすすめします。

菅野啓太

積極的にインターシップを使って、「体験」をしてください。
考えるよりも経験してみて、後悔しないように仕事を選んでください。

Left Menu Icon
Right Menu Icon